読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバーウィーク

はじめまして。

 

 

広島平和記念公園で碑巡りなどの平和のボランティアガイドをしているHiroakiです。

お客様との日々のガイド活動で感じた事などを中心に書いていく予定です。

 


皆さん、広島の原爆というと、どういう印象がありますか?


今年は終戦70年の節目の年でもあり、テレビドラマでは戦争に関する番組が増えたり、最近では政治的なデモや集会などを伝える報道もあったりで、その影響からか広島平和記念資料館への来館者も多くなった感があります。

 

今年の初めくらいはどちらかというと、外国からのお客様が例年に比べ増えた気がした程度でしたが、特に今年の8月以降は全国からの来館者もかなり増えて来た印象が御座います。

 

近日で言いますと普段、9月の連休シルバーウィーク期間中はそれ程でもなかったはずですが、今年はゴールデンウィーク並みの混雑振りで一日の来館者が軽く一万人を越えたそうです。通常の3、4倍の来館者数です。

 

 

私自身も9月21日(月)に4組のお客様をガイド差し上げました。

実際にガイド中お客様の話によりますと、

テレビで広島の原爆に関する内容を見た子どもたちに、せがまれて今回広島まで来た親子連れの方だとか、

高齢の方にも関わらず△〇政権反対のデモに昨日参加してきたばかりで、一回この目で広島の平和記念資料館を見ておきたかった方とか、

東京の大学生で大学での原爆企画展を任されて今回広島へ見学調査に来た方等、

 

様々な立場の方が様々な理由で皆同じ平和に関心を持たれて、はるばる広島まで見学に来られた事に深く感謝する次第でした。

 


昨年までは、来館される方々も広島の原爆に特別な思いを持たれる層のお客様が多かった気がしますが、今年は年齢層も来館される思いも幅広く、しかし訪れる皆さん共通の平和への強い思いを感じています。


これからも戦争に巻き込まれない、戦争のない日本であって欲しいと皆様と共に願っております。

 

 

今後も日本全国から世界から一人でも多く、広島の地に足を踏み入れてもらい
70年前の広島の史実を目で見て戴き、戦争の悲惨さを実感して平和への原動力に活かして戴けたらと思っています。

広告を非表示にする