恐怖体験?

はじめまして。

  

広島平和記念公園で碑巡りなどの平和のボランティアガイドをしているHiroakiです。

お客様との日々のガイド活動で感じた事などを中心に書いていく予定です。

 

今日は、広島平和記念公園について書こうと思います。

私はこの公園近くに住んでいて5、6年目になります。その前は広島市の西区であったり、安佐南区であったり振り返ってみますと、色々な場所で暮らして来て、自分でもそこそこ中級程度の引越し魔だったのではないかと思っています。

今まで20回近く引っ越しして来たので、そう考えると今住んでいる場所はけっこう長く住んでいる方だと思います。

 

さてそんな住み家の場所柄、日頃の買い物はどうしても八丁堀付近になるので毎日、広島平和記念公園を行き来することになります。

 

よくガイド仲間に、

 

いつも公園にいるのを見かけるね、なかなか勉強熱心なのですね。

 

 

と誤解される場合が多いのですが、実際は単なる日常の生活圏として毎日通行しなくてはならない道だったのでした。

 

わざわざ街へ行くのに平和大橋を迂回して行くのもへんだしなあ。

 

 

そういう訳なので、ほぼ毎日公園内を往復しているわけです。

 

 毎日歩いているので、日々の公園内の変化に気付いたりすることもあり

 

一度、仕事の都合で帰宅時間が遅くなって真夜中に公園を通った時のことでした。

 

 

 

その日は雨が夜半頃より降り始め、私も傘を差してはいましたが少し足早に慰霊碑前を通ったのです。

辺りは真っ暗闇で雨は降っているしで人の気配もありませんでした。いや、ないはずだったのです。

 

ところが、慰霊碑の献花台のところ左右に何か大きな物体が二本、雨が降っていて傘も差しているし初めはよく見えなかったのですが、何か立っているわけです。

 

あの、けっして幽霊の話ではございませんよ。

どうぞ御安心ください。

 

 

あーっ、

 

と心の中で驚いたのでした。

 

真っ暗闇の中、慰霊碑前の献花台の上に長い棍棒を持って雨の中、傘も差さずに機動隊員が二名、直立不動で立っていたのでした。

 

なぜ、こんな真夜中に?何目的なんだろう?

 

と思ったものの、その場で立ち止まることは憚られる気がしたので

さらにスピードを上げて、しかし逃げる風ではなく、通り過ぎたのでした。

 

逃げたらゼッタイ追いかけられそうだ。

 

 

うしろめたいことは何もしてないわけだから逃げる必要もないのですが

なんとなく時間帯も時間帯だし、暗闇の中に長い棍棒を握った運慶・快慶のような

上から下まで黒尽くめの機動隊員はそれ程無言の威圧感があったわけです。

 

久々にホンキのオーラ見たわ。

 

そこ立っちゃいけないでしょ、献花台に。

とは間違えても言えない状況なのでした。

 

 

翌日、天皇陛下広島平和記念公園に来られたのでした。

 

 

そりゃ、仁王立ちで機動隊員が雨、嵐関係なく夜を徹して警護する訳だわ。

機動隊員の皆様、警護大変ご苦労様でした。

 

 

という様な、日々の変化を体験できるのも広島平和記念公園近くに住んでいるならではの恩恵?かもしれませんね。

 

 

棍棒持った運慶・快慶、

 

まじ怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする